*

「 映画 」 一覧

アナ雪2 2019年11/27公開決定、Giganticは2年延期。その他ディズニー映画スケジュール大幅変更

『アナと雪の女王』続編(Frozen 2)が2019年11月27日に公開されると発表されました。
ディズニー長編アニメーションとして制作中です。

あわせて、他映画のスケジュールも大幅変更されました。
この記事は全て本国での公開日の話をします。

Giganticが2年延期、シュガー・ラッシュ続編も半年延期

ディズニー長編アニメーションで来年公開予定だった「Gigantic」(ジャックと豆の木)が2年延期に。
2018/11/21→2020/11/25
これに伴い、2020/11/25公開予定だったタイトル未定作は2021/11/24に押し出し。

また、『シュガー・ラッシュ』続編(Ralph Breaks the Internet: Wreck-It Ralph 2)も半年延期し、元々Giganticが予定されていた公開日に。
2018/3/9→2018/11/21

18/11/21 シュガー・ラッシュ2
19/11/27 アナと雪の女王2
20/11/25 Gigantic
21/11/24 タイトル未定

ピクサーは動かず

ピクサーのスケジュールは動かず。
新たに2021/6/18にタイトル未定作が加わりました。
17/6/16 カーズ/クロスロード(カーズ3)
17/11/22 リメンバー・ミー(Coco)
18/6/15 Mr.インクレディブル2
19/6/21 トイ・ストーリー4
20/6/19、21/6/18 タイトル未定

Giganticはピクサーのタイトル未定作より後に。
Coco以降最低2年半はディズニーもピクサーも続編しか公開されません。
せっかくの第3黄金期が終わりかねないよこれ…

実写版ライオン・キング公開日発表


ジョン・ファブロー監督による『ライオン・キング』実写版は2019/7/19に公開決定。

2ヵ月後、2017/7/28公開予定だったタイトル未定の実写映画は案の定延期。
元々2017/12/22から前倒しされてきたのに、それより後ろ倒しです。もうわからん。
2017/7/28→2018/8/3

今分かっているディズニー実写スケジュール

18/3/9 五次元世界のぼうけん(A Wrinkle in Time)
18/4/6 Magic Camp
18/11/2 ムーラン
18/12/25 メリー・ポピンズ・リターンズ
19/7/19 ライオン・キング
18/8/3*
19/3/29*、8/9、11/8*、12/20*
20/4/3
21/3/21
*が付いているのはfairy tale。

現在公開予定と言われている作品は、
魔法にかけられて2(Disenchanted)、クルエラ、マレフィセント2、ティンカー・ベル、ジャングル・ブック2、くるみ割り人形、ティム・バートンのダンボ
あたり。これで数としてはちょうど合います。
あとリトル・マーメイドとか入りそうだけれど。

インディ・ジョーンズも延期

インディ・ジョーンズ5は2019/7/19→2020/7/10に1年延期。
スター・ウォーズ エピソード9は2019/5/24で確定。むしろまだ確定してなかったんだ。
インディがずれた影響でマーベル(タイトル未定)が2020/7/10→2020/8/7に変更されました。


2019年が混み合いすぎている。
特に5月。アベンジャーズ4とスター・ウォーズ9を3週間で公開するのか。

こんなにころころ公開日が変わるなら、数年後まで公開日を決めなくてもいいのに…と思いつつ。
ディズニー長編アニメーションは結構心配になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


ネタバレ感想:実写版『美女と野獣』(字幕版・プレミアム吹替版)を観た

実写版『美女と野獣』
字幕版、プレミアム吹替版どちらも観てきました。

以下、ネタバレありの感想です。

※ネタバレなしのレビューはこちら
【美女と野獣 実写版レビュー】全ディズニーファン必見! ディズニーの本気が魅せる“不朽の名作” – ウレぴあ総研ディズニー特集

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネタバレ感想『ピートと秘密の友達』:つまらない。なぜこの映画を作ったのかわからない

『ピートと秘密の友達』を観てきました。
感想は一言で表すと「どうしてこの映画を作ったのかわからない」。
豊作だった2016年どうして最初と最後だけこうなる…
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


ネタバレ感想:『モアナと伝説の海』(Moana)

51zcqmhthl
The Art of Moana

日本では2017年3月公開のディズニー最新映画『モアナと伝説の海』。
本国公開に合わせて試写に呼んでいただいたので、解禁に合わせてネタバレありの感想です。
あらすじ知っている前提で書いているのでご注意ください。

ネタバレなしのレビューはウレぴあで。
【ディズニー映画】『モアナと伝説の海』日本最速レビュー! 海と伝説の物語 美しい南国の世界観は必見! – ウレぴあ総研

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シュガー・ラッシュ続編2018年3月公開へ


7/2(現地時間1日)にディズニー公式facebook liveにてディズニー・アニメーション・スタジオのある重大発表が行われました。
『ズートピア』の監督でもあるリッチ・ムーアが登場し発表したのは『シュガー・ラッシュ』の続編。
2018年3月9日に公開されます。2年切ってる。

元々この日に公開予定だった『Gigantic』は同年11月21日に延期。
半年ずらしということでGiganticの製作は遅れていないのかな。

肝心の続編の内容ですが、公開されたアートからも分かる通り、ラルフがインターネットの世界で冒険するというもの。
ヴァネロペの姿も見えます。

ここからは思ったことをたらたらと。

公開時期未定ですが『アナと雪の女王2』が控える中、また続編かという印象。
ピクサー含めても新作は『Gigantic』と『Coco』しか予定されておらず、ちょっと寂しいです。
ディズニー長編アニメーションは第三次黄金期と言える超大当たりの時期。
『モアナ』も楽しみにしていますが、そのあと続編で黄金期の継続ができるのか非常に疑問です。
『ファインディング・ドリー』が良かったので続編でもクオリティは担保されるのかな、と思いますが世界観の創造性や人気が広がりブームになる感じは新作でないと作りだせないのではないでしょうか。
個人的にはウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ内に続編用レーベルを作ってもらうとすっきりするのですが…

特に『シュガー・ラッシュ』は、続編の噂はされていましたが、1作目が非常に綺麗な終わり方をしている分、続編はあまり作ってほしくなかった作品。
設定的にはどうとでも作り変えやすいので、面白い展開になりそうだとは思います。
一方気になるのはインターネットの世界をどう描くのか。
個人的にディズニーアニメーションではあまり「今」を切り取ってほしくはありません。
『ズートピア』のスマホのように今らしさを描いたり、その文化が完成した後にその時代を描くのは良いのですが、発展途中の文化を舞台にするのは後年観た人が入り込みにくくならないかなと思います。
そして、公開された画像ではamazingやGugleなどネット企業のパロディが並んでいます。
近年の映画は中国でヒットしないと世界的ヒットにはならない状況。
その中で中国で規制されているGoogleのようなネットを描くのはリスクが高いのではないかと思います。
もう公開まで2年を切っており、核となる脚本はできているはずなのでGoogleっぽい世界とかが登場するのでしょうが、そこらへん含めどうなるのか気になります。

何はともあれ、再来年のディズニー映画祭りっぷりが大変なことになっており楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加