*

「 舞浜外イベント 」 一覧

劇団四季『ノートルダムの鐘』を観た

ノートルダムの鐘を観てきました。

色々な方が言っている通り、舞台装置や演出はさすが。
これだけで観る価値はあったなと思います。
ストーリーは「元々『ノートルダムの鐘』はあまり好きではなく、舞台版で大きく変わったけれどそれはそれで微妙…」といったところです。

以降はネタバレ含む感想を。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


1から分かるD23 Expo Japan 2015

D23 Expo Japan 2015|イベント・ライブ|ディズニー|Disney.jp
いよいよD23 Expo Japan 2015のEチケット先行抽選販売が開始されました!
ってなんだよという方へ

D23 Expo Japanとは

D23 Expo Japanは日本で行われる日本人のためのディズニー巨大イベントです。
長いのでよく「d23ej」と略されてTwitterでも#d23ejが用いられます。記事でも今後はd23ejと表記します。

2年前の2013年にはじめて日本で開催され、今年で2回目。
今年は11/6(金),7(土),8(日)の3日間開催されます。

参加するには事前にチケットの購入が必要。
そのチケットは抽選で販売されます。
各自が今のうちから何を見たいのかを決め、チケットに応募しなければ11月のイベントは楽しめません。
半年先のイベントであろうと、今知っておかなければならないのです。

今から何をすればいいのか

1.プログラムを知る
2.プログラムに対応したチケットを考える
3.値段を見ながら取捨選択する
4.チケット応募に備える
5.応募して祈る
6.キングダム・ハーツも申し込む

プログラムを知る

プログラムには大きく分けて以下の種類があります。
ショー&プレゼンテーション
シネマプログラム
グッズ&ショップ
展示
オークション
特に、ショー&プレゼンテーションがチケットを考える最大のポイントになります。

ショー、シネマプログラムはこちらの記事
D23 Expo Japan 2015スケジュール発表|舞浜横丁
を参考に。
d23ejsche

展示

展示はプリンセスマーベルトイ・ストーリーTDRがあり、それぞれディズニーホテルの宴会場で行われます。
全日8:30~21:30。
朝早く夜遅いのでショーやシネマが無い時間にも楽しめます。
2年前はアンフィシアターとミラコスタを結ぶ専用バスが運行されていました。
今回はディズニーランドホテルも加わりますが移動手段は不明。
基本的にはチケット購入者誰もが行けるので、チケット価格を考える際に加味する程度でしょう。
それぞれ待ち時間が発生しますが、D・Eチケットは優先入場レーンアーリーエントリー(8:00から入場可能)が用意されています。

グッズ&ショップ、オークション

前回いちばん大変だったのはこれ。
アンバサダーホテル内の「D23 Expo Japan マジカルストア」でイベント限定アイテムが発売されます。
これがもう大人気で大変でした。
また、ミラコスタは展示関連の「D23 Expo Japan ミュージアムショップ」
アンフィシアターには「D23 Expo Japan サマンサタバサグループ Special Shop」が開かれます。
どれも8:30~21:30。

ショップに入るのにもチケットが必要です。
D・Eチケットにはアーリーエントリー権(8:00から入場可能)があります。

「D23 Expo Japan サテライトショップ/ディズニーストア」はイクスピアリのディズニーストア特別営業。
d23ejのチケットがない人でも入れます

さらに特別グッズの抽選販売、受注生産販売も予定されています。
抽選販売はマジカルストア取扱商品を事前抽選にする模様。チケット購入者が対象。
受注生産は特別アイテムで、D・Eチケットが対象です。

オークションはヤフオク!を使用。
チケット購入者に限り参加できます。また、オークションアイテムは会場に展示されており、チケット提示で見れます。

チケットの選び方

プログラムが分かったところで、全てに参加できるとは限らないのがd23ej。
見たいものを取捨選択しながらチケットを選びます。

基本はショーの公演数をもとに考えていきます
全公演のEチケット、1つ欠けるが先着販売バケパのDチケット、そこそこの値段でそこそこ観れるCチケット、1公演狙いのBチケット、公演以外を楽しむAチケットです。
d23ejticket

Eチケット<3デー・クリスタルパス>
全部入り。
ショー7公演(全て)、展示とショップ優先入場、アーリーエントリー
アンバサダーホテル内のVIPラウンジ利用と、そこで行われる特別プログラム
がついて約10万円。

Dチケット<3デー・リゾートパス>
バケーションパッケージで販売されます。
ショー6公演(1演目見れない)、展示とショップ優先入場、アーリーエントリーがあります。
ホテルが付くバケパのため、値段はEチケットより高くなります。
Dチケットだけは先着販売のため、確実に行くためにはこの道しかありません。

Cチケット<3デー&3ステージパス>
19,000円で3公演。
展示などは3日間楽しめます。
一番オーソドックスなチケットといえそうです。
チケットは観たい3公演を選択した上で抽選申し込みという形になります。
当然、選択した公演によって倍率が変わります。
が、TDRなど2回公演があるものは当然倍の人数はいれますし、この時はD・Eチケット席にも空席が生じるため、(計算上)D・Eチケットの半分の席もC・Bチケットに充てられます。

Bチケット<1デー&1ステージパス>
8,000円で1公演。
TDRだけ観たいとか劇団四季だけ観たいという方のためのチケット。
展示などは公演当日の1日のみ入れます。
4つの展示とシネマプログラム2,3個込みで考えるとそんなに高くない気がします。

Aチケット<1デーパス>
展示、シネマプログラム、ショップ入場権が1日分で3,500円。
これも抽選販売です。

祈る

何度も言いますがチケットは抽選制です。
前回もなかなか当たりませんでしたから、今回は相当な倍率になるでしょう。

購入はd23ej公式サイトから行います(事前抽選は別)。
My Disneyなどに使われるディズニーアカウント1つにつき各チケット1回ずつ応募できます。

外れると次の抽選にも参加できます。
Eから順に販売されるので、E申込→E外れ→C申込→C外れ→B申込…と続いていきます。
Dチケット(バケパ)は先着です。

しかし、ディズニーの何らかの会員には事前抽選という権利が与えられます。
事前抽選と一般抽選で2回チャンスがあるわけです。
Bチケットの抽選では会員権で当選倍率が2倍になります。
d23ejticket2
Dモバイル系はディズニー・モバイル・オン・ドコモ、オン・ソフトバンク、auディズニーパス、ディズニースタイル(ソフトバンク)。

キングダム ハーツ ファンイベント

前回は1公演として行われていたキングダムハーツが独立。
11月3日(火・祝)に別日程で開催されます。
場所はシネマイクスピアリ シアター4。
150人程度しかいれないと思うので実は最大の激戦となる予感。
詳細は8月中旬以降に発表、抽選販売は9月上旬です。

とにかく色々な面で難易度の高いイベントですが、その分満足度が高かったのも事実。
チケットが当たることを祈りながら、とりあえずチケット応募期間は忘れないようにしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

D23 Expo Japan 2015スケジュール発表

11/6~8の3日間、舞浜で開催されるD23 Expo Japan 2015のスケジュールが発表されました。
今年はディズニー・チャンネル文化祭の過密スケジュールがないためにずいぶんすっきりしたものになりました。
これに、各日8:30~21:30の展示・物販が加わります(D・Eチケットは8時からアーリーエントリー)。
d23ejsche

あわせてこちらも
1から分かるD23 Expo Japan 2015|舞浜横丁

ショー&プレゼンテーション

オープニングセレモニー D23 Expo Japan 2015のキックオフとなるオープニングセレモニーを実施します。
前回はディズニー社CEOボブ・アイガーが弟子トーキングミッキーとともに登場。
ミッキーマウス!「東京へゴー」や「ミッキーのミニー救出大作戦」上演、「モンスターズ・パーティー」日本語版(未だ日本未公開)、「トイ・ストーリー・オブ・テラー」ワールドプレミアなどが行われました。
前回レポ:ボブ・アイガーCEOのエグゼクティブ・プレゼンテーション

ディズニーパークの魔法 ウォルト・ディズニー・カンパニーのエグゼクティブが世界のパークについてお話しします。
前回はパーク&リゾーツ部門のトム・スタッグス(当時)が舞浜以外のディズニーパークの今後についてプレゼンテーション。
C-3PO、R2-D2、アイアンマンも登場。和太鼓が懐かしいです。
最後には弟子ミッキーが登場し、ゲストにイヤーハットをプレゼント。World of Colorの音楽と共に2,000人のイヤーハットが光り輝きました。
前回レポ:スタッグス「ディズニーパークの魔法」

ウォルト・ディズニー・スタジオ新作映画ラインナップ アニメーションから実写まで、スタジオからリリースする最新映画情報を特別にご紹介!
前回は「ウォルト・ディズニーの約束」などの特別映像、「プレーンズ」のゲスト、May JのLet it Go初お披露目などがありました。

東京ディズニーリゾートスペシャルプログラム 東京ディズニーリゾートの魅力を、ここだけのプレゼンテーションとディズニーの仲間たちによるショーでお届けします。
前回はOLC社長・会長によるTDRのこれまでとこれからのプレゼンテーション。
そして30年のショーを振り返るリメンバー・ザ・ドリーム顔負けのスペシャルショーが公演されました。
今年も2回公演です。
前回レポ:TDR30thプログラム”Happiness Takes People”

ディズニー・シアトリカル・グループ “ブロードウェイ&その向こうへ” ディズニーのオールブロードウェイナンバーを来日ミュージカルスターたちがお贈りします。
今回新たに加わったプログラム。
今年はシアトリカル部門が2公演持ってきました。
来日ミュージカルという豪華公演。
こちらも2回公演されます。

“ディズニー吹き替えの秘密” ~白雪からアナ雪まで~ ディズニーのクラシックスからアナ雪に至るまでの長編アニメーションの吹き替えの歴史と、それにまつわるゲストを招いてとっておきの秘密を教えます。
前回は山ちゃんとしょこたんがMCとなり、豪華な話芸とトークが行われました。
今年はアナ雪が入っているということで、うまくいけば松たか子Let it Go?
今年も2回公演。
前回レポ:ディズニー吹き替えの秘密

劇団四季 ディズニーミュージカル・オン・ステージ 劇団四季による日本上演のディズニーミュージカルナンバーをオムニバスでお贈りします。
シアトリカル2演目め。
こちらは日本上陸した劇団四季ミュージカル「ライオンキング」「美女と野獣」「アイーダ」「リトルマーメイド」「アラジン」のオムニバスです。

ディズニー・マジカル・テレビワールド

前回の「ディズニー・チャンネル文化祭」
今年は事前抽選で行われます。
プログラムが少なくなった代わりに時間は長め。

ディズニージュニア 「ちいさなプリンセス ソフィア」
最新エピソードを先行放送。
約30分なので1話。

ディズニー・チャンネル オリジナルムービー 「ディセンダント」
DCOM最新作「ディセンダント」を日本初放送。
関連:ディズニープリンセスとヴィランズの子孫が通う学校「Descendants」2015年DCOM化

ディズニー・チャンネル スペシャルプログラム
ディズニージュニアの新シリーズ「ライオン・ガード」先行放送など。
関連:ライオン・キング新TVシリーズ”The Lion Guard”ディズニージュニアで制作決定
プログラムは約120分ということで、他の放送もありそう。
Star vs. the Force of Evilこい・・・スターバタフライ・・・
前回は「ディズニー・チャンネルの未来がわかる!クリエイター特集」と題して、「ミッキーマウス!」「なんだかんだワンダー」の先行放送、「怪奇ゾーン グラビティフォールズ」の新エピソード放送がありました。
これに類似したものになりそうです。
前回レポ:ディズニーチャンネル クリエイター特集

ディズニーXD 「スター・ウォーズ 反乱者たち」
特別試写60分ということで、放送済エピソード2本放送でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


ディズニー・オン・アイス2016年演目は「アナと雪の女王」

Most Amezing Fan募集!│ディズニー・オン・アイス
ディズニー・オン・アイスは今年で30周年。
これを記念して、ディズニー・オン・アイスにまつわる思い出エピソードを募集するキャンペーンが行われています。

その賞品、Most Amazing賞はなんとディズニー・オン・アイス「FROZEN」アメリカ鑑賞ツアー。

※「FROZEN」とは…日本語タイトル「アナと雪の女王」です。
2016年ディズニー・オン・アイス日本公演の演目です。

という記述が。
present

今年のディズニー・オン・アイスにもアナ雪は登場しますが、リトル・マーメイド、美女と野獣、ラプンツェルとの4本立て公演です。
来年はいよいよアナと雪の女王単体公演になるそうです。

ディズニー・オン・アイスの映画単体公演では、冒頭にミッキーたちが登場し導入、その後は“氷上のミュージカル”として映画をそのまま再現していきます。

アメリカ公演の動画を見ると、雪だるまつくろう、生まれてはじめて、とびらあけて、そしてLet It Goなどの曲もしっかり含まれており、セットもなかなか気合が入っています。
アナと雪の女王が全編演じられるミュージカルはディズニー・オン・アイスが初。
もちろん日本でも来年のディズニー・オン・アイスがはじめてになるでしょう。

オン・アイスとの親和性の高さは公開当初から期待されていましたし、非常に楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディズニー・オン・クラシック2014 ライオン・キングを観た

2014-12-19 18.38.10
今更!

D23 Expo Japanを除くときちんとしたバージョンでははじめてディズニー・オン・クラシックに行きました。
クリスマスバージョンでした。D系クリスマスソングもやってほしかったな…
最後に陽気なお兄さんが出てきてアラジンのProud of Your Boyを歌っていきました。

そんなわけで、劇団四季、香港FotLとライオン・キング特集です。
ネタバレ感想:劇団四季ミュージカル『ライオンキング』を観た
香港ディズニーランド旅行記2~Festival of the Lion King~

スライドショーとともにサウンドトラックを順番に演奏していくのがディズニー・オン・クラシック。
D23 Expo Japanで観たときは、他のプログラムが強すぎたせいで見劣りしていたため、しっかり単体で消化したのははじめて。
普段映像をメインに、音楽は脇役で映画を観ていますが、ディズニー・オン・クラシックではその立場が逆転します。
結果として、映像の方に見入っている自分がいました。映画サントラを聴いたりと音楽も人並みには好きなつもりでいましたが、結局自分は映像メインなのだと気付かされました。

改めてライオン・キングを音楽の面からみてみると曲数の多いこと。
サークル・オブ・ライフの圧倒感は本当にすごい。
最初と最後を同じ曲でどーんと出す強さは他の作品ではありません。
一方で、物語の中では主題歌が登場しないという珍しいスタイルになっています。
物語中の曲も名曲揃いなのですが、どれも高いレベルで横並びといった感じ。
ラブソングという点でCan You Feel the Love Tonightがありますが、改めて聴くと印象が変わりました。

Can You Feel the Love Tonight、曲のはじめも終わりも歌うのはティモンとプンバァ。
シンバとナラが愛に気付く曲ですが、親友を失うと感じたティモンとプンバァによる絶望の歌でもあります。
そのティモンとプンバァ要素が抜けていたフェスティバル・オブ・ザ・ライオンキング版で違和感があったのはこのためだと分かりました。

ハクナマタタは曲の途中で主人公が成長するというもの。
劇団四季版でもそこにひとつの見せ場をもってきていますが、やはり途中で主人公が成長というのはすごい曲です。

歌のないスコアも、音楽で自然の鼓動を表現しています。
劇団四季では専用のブースで生演奏が行われていましたが、オンクラではそれがオーケストラ。
ライオン・キングもオーケストラの楽器だけで表現されるのか、と当たり前ですが驚きでもありました。

ディズニー・オン・クラシックで音楽をメインに映画を観ると、作中におけるそれぞれの曲の役割について深く見られるように思いました。
そういう意味では多くの収穫を得ることができるショーです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加