*

「 駄話 」 一覧

『ウォルト・ディズニーの約束』 「かわいそうなA.A.ミルン」の意味と真実

映画『ウォルト・ディズニーの約束』(原題:Saving Mr.Banks)を観ていて、あるシーンがプー好きとして引っかかったのでその部分を取り上げたいと思います。
以下、映画のネタバレを含みますのでご注意ください。

ちなみに映画自体の感想はこちら。
ネタバレ感想:『ウォルト・ディズニーの約束』(Saving Mr.Banks)を観た | 舞浜横丁

トラヴァース夫人がホテルの部屋に入ると、ディズニーキャラクターのぬいぐるみで溢れていた。というシーン、ここでトラヴァース夫人は「かわいそうなA.A.ミルン」(Poor A.A.Milne)と言いながらプーのぬいぐるみをどけます。
このシーンの意味を説明したいと思います。
また、僕はこのシーンを観て大変がっかりしました。その理由についても説明します。

まず、A.A.ミルンとは誰か。
アラン・アレキサンダー・ミルン(1882-1956)は『クマのプーさん』原作者です。
『メアリー・ポピンズ』原作者パメラ・トラヴァース(1899-1996)同様、英国の児童文学作家として知られています。

『メリー・ポピンズ』と『くまのプーさん』の2作は、どちらもウォルトの娘ダイアンの愛読書から映画化が決まったこと、原作が英国児童文学、曲の担当がシャーマン兄弟、と密接な関係にある作品です。

プーは「ディズニー化」された際、原作ファンからの大バッシングを受けました。
実は最初に公開された『プーさんとはちみつ』にはピグレットが登場していないため、ピグレットがアメリカ地リスのゴーファーに替えられた、
ラビットがバックスバニーのようなカートゥーン化されてしまった、クリストファー・ロビンがアメリカ訛りの英語をしゃべる
などの部分が当時主に批判の対象となりました。

これを踏まえて、メリー・ポピンズの「ディズニー化」を絶対に認めたくないトラヴァース夫人は、「ディズニー化」の犠牲者の代表格としてくまのプーさんそしてA.A.ミルンを扱ったのです。

これでSaving Mr.Banks物語上での「かわいそうなA.A.ミルン」の意味は分かりましたでしょうか。
それでは、これがどうしてがっかりしたシーンだったかについてです。

『メリー・ポピンズ』の映画化は本編でも触れられている通り1964年。
一方のくまのプーさん映画化(『プーさんとはちみつ』)は1966年。ウォルト死の直前です。
つまり、時系列としてプーよりもメリー・ポピンズの方が古い作品ということになります。

歴史的には、『ふしぎの国のアリス』など原作を「ディズニー化」したことで原作ファンから脅迫まで受け制作もあまり進まない作品が続き、うんざりしてオリジナル脚本にしたのが『わんわん物語』。それでも映画化を諦めなかったのが『メリー・ポピンズ』です。

まだ公開されていないどころか、プーが黄色に赤いシャツということすら決まっていない段階で、ミッキーやメインキャラクターと肩を並べて鎮座していることなどあり得ないことです。

先に触れた通りプーも原作がある以上、映画化の際にミルンから版権を取得する必要があり、こちらの交渉もすぐに決まったわけではありませんでした。
ミルンにとってプーとは自分と息子の人生を奪った作品とも言え、再び世界に公開するなど論外でした(この背景もまた一つの映画にできるほど複雑なものです)。
413X52Q6RML._SS500_
ミルン自伝のタイトルは「今からでは遅すぎる」(It’s too late now)。600ページ近い自伝の中でプーに触れたのは2ページのみ。
しかしミルンは1956年に亡くなり、ディズニーはプーに対して好意的な姿勢を続けていたミルンの妻ダフネから版権を得ます。
これが1961年のことでした。
ちょうどトラヴァース夫人がカリフォルニアに乗り込んだその年です。

ウォルトは将来におけるプーの人気を確信し、原作を最大限に尊重する形で制作を指示します。
しかしプーは米国での知名度が低く、そのまま公開してもヒットせずに終わるだろうと考えました。そこで、長編を3分割しそれぞれ短編として公開、後に長編として再構築する、という方式をとりました。
そしてプーの面白さはアメリカ人にとってあまり理解できないものでした。
そんなプー制作スタッフたちにプーの魅力を説いたのが、メリー・ポピンズ制作のために集まったイギリス人スタッフだったのです。

トラヴァース夫人がメリー・ポピンズの版権を認めず、映画化が中止となれば、プーは現在のような映画にはならなかったでしょう。
制作意識の低さからプー映画化もキャンセルになっていた可能性も十分にあります。

つまり、Saving Mr.Milneを行ったのは、メリー・ポピンズです。

このような考えから、僕は「かわいそうなA.A.ミルン」のシーンに大変がっかりしました。
ウォルト・ディズニーによって創り上げられた数々の作品はそれぞれが歴史の中で繋がって生まれています。
その流れを見ていくとウォルトがダイアンとした約束の重さが分かってくると思います。

ウォルト・ディズニーの約束―ダイアン・ディズニーに捧げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


エレクトリカルパレード一緒に観たいキャラクターは誰?「ディズニー魔法のお手伝い2」応募統計

03-03 4 28 44
光の魔法再び!「マジカルドリームライト」Twitterキャンペーンを開催! | 東京ディズニーリゾート・ブログ

マジカルドリームライトのTwitterキャンペーンが再び行われました。
30周年終了1週間前、春キャン最終日の3/14(金)に開催される今回のキャンペーンは、
鑑賞エリアのみ提供、マジカルドリームライトは持参という、ただの公式オフ会。
そのためこれまでのキャンペーンに対し応募数は激減しました。
今回のお題「一緒に夜のパレードを見たいキャラクター」人気ランキングとともに、応募内容を振り返ります。

前回のキャンペーン
「ディズニー魔法のお手伝い」Twitterキャンペーン統計 | 舞浜横丁

今回のルール
“2014年2月26日(水)~2014年3月2日(日)23:59に「ご自身のアカウント名」とハッシュタグ「#ディズニー魔法のお手伝い」をつけて、「一緒に夜のパレードを見たいキャラクター」をつぶやいてください。”
応募期間はいつもより長く、4日と8時間。
当選数は100アカウント。

応募総数356
※Twitter検索「#ディズニー魔法のお手伝い」の該当期間tweetsの中から、「@自分のID」が含まれているもの(1アカウントによる重複応募は2件目以降を削除)。
なんと当選率3.5倍まで落ちてしまいました。
前回のふわふわダッフィーバス(当選数50)の倍率は17.64倍。
5%の人しか当たらなかったのに対し、今回は3人に1人が当たります。
ちなみにキャンペーンを発表したTDR_PRのtweetは527RTされています。
拡散力に対して応募数が明らかに少ないですね。
当選した際のメリットがほとんどないことが大きく影響したといえるでしょう。

以下のグラフは、時間ごとの応募数を示したものです。
mdl
6時間区切りのため、最初の~2/26 18時のみ2時間での結果となっています。
2/26 16時の応募開始直後は多くの応募がありますが、日付が変わったころから落ち込み、6時間で20件いかない値で推移してきたことがわかります。
長い応募期間の中、一度も再告知をすることがなかったため、応募数は少ない値で推移し続けました。

少ない特典と、一度きりの告知。
TDR_PRのフォロワー数の多さと拡散力の大きさだけに頼ったキャンペーンでは人が集まらないことが明らかになりました。
タイムラインが良い意味で盛り上がるような魅力ある企画が生まれることを望みます。

では356人はどんな内容で応募したのでしょうか。
「一緒に夜のパレードを見たいキャラクター」を見てみましょう(複数回答)。
ミッキー 107件 (30.1%)
ミニー  53件 (14.9%)
ドナルド 48件 (13.5%)
グーフィー  31件 (8.7%)
プルート 10件 (2.8%)
デイジー  26件 (7.3%)
チップ  29件 (8.1%)
デール  26件 (7.3%)
まずはBIG8。
ミッキーは3割超え。さすがです。
デールよりチップの方が3件多いのが気になりました。(「チップとデール」ではそれぞれ1件カウントします)

クラリス 11件 (3.1%)
マックス 10件 (2.8%)
続いて最近人気のサブキャラクター。
パレードに出演していないこともあり、「クラリスと一緒にチップとデールを観たい」といったコメントが多かったです。
今回のお題からすると一番きれいな回答ではあります。

プリンセス 4件 (1.1%)
白雪姫 1件 (0.3%)
シンデレラ 9件 (2.5%)
アリエル 1件 (0.3%)
ベル 6件 (1.7%)
ジャスミン 3件 (0.8%)
ラプンツェル 8件 (2.2%)
アナ/エルサ 2件 (0.6%)
プリンセスの皆さん。
ざっくりプリンセスと書いた方が4件。
シンデレラは「シンデレラ城」を除いた結果です。
シンデレラ・ベル・ラプンツェルが人気。
パレードに出演していないのに人気のラプンツェル。強いですね。
キャンペーン当日3/14が日本公開日となるアナと雪の女王の2人も2件入りました。
オーロラやティアナは0件でした。ちなみにシャーロットは1件。ドロッセルも1件(僕です)。

プー 8件 (2.2%)
ピーターパン 7件 (2.0%)
ティンカーベル 6件(1.7%)
ジーニー 6件
ホセ 6件
フェアリーゴッドマザー 4件 (1.1%)
クラッシュ 3件 (0.8%)
パンチート 3件
ダッフィー 3件
その他キャラクターで3件以上あったもの。
ダッフィー以外はパレードに出演しています。

全体として、前回の「エレクトリカルパレードで好きなシーン」と人気が重なるような結果となりました。
この集計の問題点としては「クラリスと一緒にチップとデールを観たい」の場合クラリスだけでなくチップとデールも1件ずつカウントされてしまうことです。
しかし、どちらにしろ特定シーンへのコメントが多かったといえるでしょう。

今回集計の対象とした応募356件はtogetterにまとめています。
ディズニー魔法のお手伝い2 「一緒に夜のパレードを見たいキャラクター」 – Togetterまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の秘密はどこ?「ダッフィーの好きなところ」集計結果

「ダッフィーバス先行体験会」Twitterキャンペーンを開催! | 東京ディズニーリゾート・ブログ

2月20日から3月31日まで「ダッフィーバス」が各地を巡る「ダッフィーのふわふわジャーニー」が開催されます。
東京ディズニーリゾート公式ツイッター(@TDR_PR)のフォロワーを対象にひと足早くダッフィーバスの”ふわふわ感”をお楽しみいただけるキャンペーンを実施します。当日は車内でみなさんのダッフィーと一緒に記念撮影することもできます。

TDR_PRのTwitterキャンペーン、今回のお題は「ダッフィーの好きなところ」。
応募期間中に投稿されたTweetsにどのような単語が含まれていたかを調べることで、ダッフィー人気の秘密を探ります。

「自分のアカウント名」「#ふわふわダッフィーバス」を付けた期間中のtweetsは946件。
一人が複数回投稿していることもあるため、応募人数は882人でした。
当選者数は50人ですから、倍率17.64、当選確率5.67%となります。
ちなみに最多投稿は1人で17回。

「好きなところ」の文章内に「ダッフィー」という単語が入っていたのは601件(63.5%)。
「可愛い」は205件(21.7%)

「ふわふわ」は313件(33.1%)
「もふもふ」は93件(9.8%)
「もこもこ」は83件(8.8%)
今回「ふわふわジャーニー」の応募ということもありますが、ダッフィーの質感に関するコメントが約半数を占めました。
「触」も98件(10.4%)と、多くなっています。

「ミッキー」は107件(11.3%)
「ミニー」は50件(5.3%)
やはりミッキーは多い。
顔やお尻などのミッキーマークに関するものも多いです。

「顔」120件(12.7%)
「尻」71件(7.5%)
「目」62件(6.6%)
「腹(おなか)」55件(5.8%)
「足」23件(2.4%)
そんな体の部位では顔がトップ。
目の人気はTDR_PRによる例が「ダッフィーの目が可愛い!」だったこともあるでしょう。

外見、触り心地の人気は分かりましたが、体験はどうなっているのでしょうか。
「服(衣装/コス)」84件(89%)
「一緒」83件(8.8%)
「グリ/会」73件(7.7%)
検索単語の精度を考えると、パークでダッフィーに会うことよりもぬいぐるみと一緒にいることの方が人気なようです。
意外と少なかったのが、
「(シェリー)メイ」31件(3.3%)
「ショー/マイフレ(ンドダッフィー)」20件(2.2%)

つまり、ダッフィーはパークで会えるキャラクターというよりも、ぬいぐるみすなわち”マイダッフィー”としての人気が高いことがうかがえます。
ずっと一緒にいたくなるテディベアとしての姿と触り心地,抱き心地が人気の秘密のようです。

ダッフィーの生地を使った広告やバスといった宣伝、そしてパークでのマイダッフィーフォトスポットといった施策もダッフィー人気に沿ったものとなっているでしょう。

このTwitterキャンペーンの当選発表は10日(月)。
発表後には当選者の傾向を見てみたいと思います。
ダッフィーの好きなところ #ふわふわダッフィーバス – Togetterまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


ディズニーサイト巡回リスト プーやは何を見ているの?

ディズニー関連のプレスリリースはどこを見ればいい? | dpost.jp
ただの対抗心。

dpost.jpがウォッチリストを公開!ならこちらも!
というわけで。
このブログでは最近ディズニーモバイルなど公式記事が出ることがあります。
こちらはウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社インタラクティブ・グループからお声をかけていただいて書いているものです。
(オリエンタルランドさんもご連絡お待ちしておりますよ!)

で、ほかのニュースを収集しているリストがこちら。
大きなものはブログ記事化していますが、それ以外はtwitterでdis_1topimaiyokoはてブなどで記録しています。

ほかにハウステンボスなども追っています。
dpost.jpの記事と見比べていただければ分かると思いますが、disney.jpに極端に偏っています。
あそこRSS吐かないからね…
これとは別で、暇なときにイクスピアリのページをみたりもしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新たな中期経営計画へ、OLC新春コメントから見る2014年

新しい年を迎え、OLC上西社長、加賀見会長のコメントが各メディアで紹介されることが多くなりました。
そこから今年以降のOLCの行方を読み取ります。

上西京一郎社長が「今年は新たな中期経営計画がスタートする重要な年。徹底した顧客視点のもと、新しい発想と勇気あるチャレンジに取り組んでいく」と、管理職以上の社員約400人にハッパを掛けた。

社員に奮起呼び掛け 県内企業が仕事始め式 | ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ

上西社長の社員に対するコメントから2014年のOLCが始まりました。
新たな中期経営計画がスタートする年。
現行の中期経営計画「Build Up OLC 2013」は今年3月まで。
4月から始まる新たな経営計画に注目が集まっています。

昨年ようやく「ワンス・アポン・ア・タイム」、ジャングルクルーズとマーメイドラグーン・シアターのリニューアル、スティッチ新規アトラクション導入と、新規施設計画が明らかになってきたTDR、新たな中期経営計画発表までに何らかの大きな発表はあるのでしょうか。

千葉テレビ、千葉日報では加賀見OLC会長、森田千葉県知事、佐久間千葉銀行頭取による新春放談の様子が伝えられました。
千葉の魅力発信へ一丸 2014年、新たな輝きを 知事ら「新春放談」 | ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ

 2014年度は、ハード、施設の充実に力を入れます。
(中略 キャッスルプロジェクションとジャングルクルーズについて)
お客さまがあっと驚くものをやっていきたいと思います。もちろんソフトも、おもてなしを含めて従業員教育にもっと力を入れて、新しい東京ディズニーリゾートに改革します。

「おもてなしはハードとソフトの組み合わせ」と言い、ハード面に力を入れるそうです。
「新しい」「改革」という単語が出てきました。

上西社長とJAL植木社長に関する記事では、

OLCの売上高営業利益率は23%と、日本企業ではトップクラスで知られる。OLC会長の加賀見俊夫は「これからは次の30年に向けて設備投資もかさむため一時的に(売上高営業利益率は)10%台まで下がるだろう」と読む。

「飽きられないテーマパークづくり」に向け、加賀美は「TDLはファミリーや若者向けにアトラクション(施設)やショー(観劇)に磨きをかけ、TDSはアダルト向けに敷地面積のそのものを拡大するのも腹案だ」と明かす。

JALとミッキーを結ぶ「おもてなし経営」:日経ビジネスオンライン (加賀「美」は原文ママ)

営業利益率が10%台まで落ちる設備投資
さらに、TDLはファミリー向け、TDSは大人向け拡張という、リゾート宣言頃のコンセプトに沿った「腹案」も明かされました。
「腹案」ということは間もなく発表される中期計画ではTDS拡張はないでしょう。ランド側で何かが動きそうです。
また、構想の段階であろう長期計画では、第3パークや舞浜外進出ではなく、リゾート化の頃に立ち返った姿が見えます。
新しい東京ディズニーリゾートへの改革は、漲っていたあの頃の情熱に立ち返るところから始まるのかもしれません。

上西さんの記事なのに加賀見さんのコメントなのか…
そんな加賀見さんは1月6日より5日間、日経夕刊「こころの玉手箱」にて連載を行っていました。

TDLがちょうど開園30周年を迎えた昨年4月15日の朝。ちょっと早めに来てほしいと秘書から言われていた。何の疑問ももたないまま行ってみると、関係者が集まっている。ブラスバンドが演奏するなか、「ウインドウ」の除幕式が始まった。

30周年当日の朝5時過ぎに行われた「レジェンドウィンドウ」除幕式、加賀見さんにはサプライズで行われたそうです。
連載2,3日目は中高と京成新入社員時代の思い出が語られています。

残念ながらウェルズ社長は94年、冬山のヘリコプター事故で亡くなった。後にロサンゼルス郊外の別荘に奥さんを訪ねたことがある。庭の岩を指さし「彼はその上に座ってよく考え事をしていたわよ」と教えてくれた。
お互いに激しくやり合った日々。思い返せば何度も決裂の危機があったが、何度でも大きな岩を運び上げた。2人の信頼関係が危機を救ったのだと思う。

第二パークを巡って米ディズニー社と対立したことは前回書いたが、原因の一つは高橋の「海」に対するこだわりの強さだった。漁師の生活の場を奪ってしまったという自責の念があったのだろう。最後まで「海」を譲らなかった。
東京ディズニーシー誕生の裏側にはこんな事情があったことを知る人は少なくなってしまった。強運に恵まれていた高橋だが、残念ながら「シー」の開園を待たずに亡くなった。
高橋にはかわいがられたが、よく怒られもした。「あとは自分で考えろ」。ゴルフバッグを眺めるたびに、高橋の怒鳴り声が耳に響いてくるようだ。

4日目はフランク・ウェルズとの交渉、5日目は高橋さんの思い出でした。
浦安の海を埋め立て、そこに海をテーマとした新たなパークを作る、OLCが歩んできた歴史を加賀見さんの口から聞くことが最近また多くなっています。
海だった場所にテーマパークができ、海を超える創造力を持ったリゾートができ、そして新たな時代がやって来る予感がします。
新しい時代への幕開けがもうすぐ見えてきそうです。

最後はかがみんの心温まるコメントで30周年の一年を総括しましょう。
アンバサダー就任記事にもコメントを入れてくれたようです。

「二〇一三年度は来園者が初の三千万人を突破する見込み。英語の数え方だと三十ミリオン(百万)で、三十周年とちょうど重なった」

東京新聞:「TDRの魅力をことしも伝える」  ミッキーマウスら浦安市役所を訪問:千葉(TOKYO Web)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加