*

「 イベント 」 一覧

TDR35周年スケジュール発表 パレードは「ドリーミング・アップ!」プロジェクションは「Celebrate!Tokyo Disneyland」


(c)Disney
東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”2018年度年間のプログラムについて2018年4月15日(日)~2019年3月25日(月)

35周年のイベントスケジュールが発表されました。
2018年4月15日(日)〜2019年3月25日(月)の345日間開催されます。

新パレード「ドリーミング・アップ!」


前日に「ハピネス・イズ・ヒア」のHPにうっかり名前を載せてしまうという、ステラ・ルー以来のごたごたもありましたが、無事正式発表。
「ドリーミング・アップ!」が4/15から始まります。「ハピネス・イズ・ヒア」は4/9で終了。

『ファンタジア』や『美女と野獣』、『ピーター・パン』や初登場の『ベイマックス』など、ディズニー映画の夢にあふれたイマジネーションの世界が、驚きに満ちた色鮮やかなフロートになって登場。ミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちは案内人として夢の世界へゲストをいざないます。

ハピネスなのか夢なのかわかりませんが、ミッキーたちの衣装が公開されました。
シンデレラ城のデコレーションは無さそうですね。
通例だとこのパレードは2023年まで開催。
2020年オープンの『美女と野獣』『ベイマックス』をしっかりと取り込んできました。
映画がメインというのは楽しみですね。
コグスワースの後ろ、「ジュビレーション!」のピーター・パンフロートに見える…

イッツ・ア・スモールワールドにファストパス

スモールワールドも4/15にリニューアルオープン。
ファストパスが導入されます。
ベリーメリーホリデーの頃に発券されたことがありましたが、今回の発券所はどこになるのでしょうか。
バンケットホール横か、フィルハーマジック横か、はたまたトゥモローランドホール横か…

Celebrate! Tokyo Disneyland

7/10からは「ワンス・アポン・ア・タイム」にかわる新たなキャッスルプロジェクションがスタート。
新たな特殊効果とは「噴水や夜空いっぱいに広がる光の演出」とのこと。
夜空の光の演出って何でしょうか。
東京ディズニーランドの様々なエリアを巡る映像や音楽、そしてミッキーが登場。
なかなか気合を感じます。非常に楽しみです。

レギュラーショー新規

7/10からはシアターオーリンズとドックサイドステージで新ショーがスタート。
35周年期間は35周年バージョンという記述があるので、その後も続くレギュラーショーのようです。
シアターオーリンズはニチレイがスポンサーから降りてシアター自体の存続も危ぶまれていたので、ちょっと意外な早期導入です。

35周年記念イベント

東京ディズニーシーでは2018年4月15日(日)〜2019年3月25日(月)に水上グリーティングショーを開催。
東京ディズニーランドでは2019年1月11日(金)〜3月25日(月)にグランドフィナーレを開催します。
グランドフィナーレは「グッズなども登場し」と、ショーなどが開催されるかは不明です。

歳時記イベント

ディズニー・イースターは3月27日(火)~6月6日(水) とフライングスタート。
ちなみに2018年のイースターは4月1日。
ランドは開催せず、シーの単独開催。ファッショナブルが3回目です。
6月7日(木)~7月7日(土)「ディズニー七夕デイズ」
1ヶ月も何をやるのか。
7月10日(火)~9月2日(日)夏イベント
両パークとも再演で、「ディズニー夏祭り」と「ディズニー・パイレーツ・サマー」。
曜日の関係でちょっと長めです。
9月11日(火)~10月31日(水)「ディズニー・ハロウィーン」
ランドは新規。ポップンライブは2年で終了と最近にしては短め。
シーは4年目のヴィランズ・ワールド。
決算に響くほど不評なのになぜ続けるか疑問ですが…
そして、タワー・オブ・テラーがハロウィーンバージョンになります。
もうDCAのガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト!に切り替えちゃおう。最高。
11月8日(木)~12月25日(火)クリスマス
ランド「クリスマス・ファンタジー」は4年目のクリスマス・ストーリーズ。
シー「クリスマス・ウィッシュ」はテーマが一新されます。パーフェクト・クリスマスは今年で見納め。
カラー・オブ・クリスマスも変わるかもしれません。
2019年1月1日(火)〜1月6日(日)「お正月のプログラム」
2019年1月11日(金)〜3月25日(月)ランドはグランドフィナーレ
シーはピクサーイベントが2年目です。
ハーバーショーの他、ピクサーキャラクターとのグリーティングの記載もあります。
ということは2018年(今年度)もグリーティングがありそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


TDRクリスマス2017詳細発表、パレードは2回停止に


クリスマス・ファンタジー、クリスマス・ウィッシュの詳細が出ました。

パレード、ハーバーショー共に再演。
新プロジェクションマッピング「ディズニー・ギフト・オブ・クリスマス」が新規です。
ギフト・オブ・クリスマスの鑑賞方法(抽選ありかなしか)は9月下旬発表。

シーはパーフェクト・クリスマス3年目。やったね!
新たにデイジーがお菓子を紹介するシーンが加わるとのこと。
デイジーはショッピングでしたが、そこは無くなるのかな?
カラー・オブ・クリスマスにはステラ・ルー登場です。

グリーティング

ちょっと気になるのがグリーティング。
ランドでは「トゥーンタウンを中心に、クリスマスアイテムを身につけたディズニーの仲間たちが登場します。」という表記が出ました。
わざわざトゥーンタウンを中心にと書く理由とは…
シーはシェリーメイがエントランスでグリーティングです。
どういう運営になるのでしょうか。

パレード2回停止

イースターに続き日本航空のスポンサーが決まった「ディズニー・クリスマス・ストーリーズ」。
内容は変わらないようですが、「※パレードは、1ウエスタンランド/ファンタジーランド、2プラザの2カ所で停止します」という表記が。
つまり、トゥモローランド/トゥーンタウン、いわゆる3rdの停止がありません。
これはおそらく10月にスタージェットが閉まる影響。
スタージェットのふもとはちょうど中央のフロートが停止する場所で、特にクリスマス・ストーリーズはやたら豪華なフロートが停止します。
どのような対策を取ってくるのかと思ったら、3rdは丸ごと通過という結果でした。

すると、「ハロウィーン・ポップンライブ」が7箇所停止になった(昨年は9箇所停止)というのも、8箇所目以降は通過ということでしょう。
ポップンライブの特殊な停止方法がここで多少は役立ってきました。
来年は35thでイースターが開催されない見込み。
すると、フローズンファンタジーを乗り切れば来年のハロウィーンまで3rdの停止は必要ありません。
さすがに35thはキャパシティ確保したいでしょうから、トゥーンタウン門のように一旦撤去して更地で戻すとは思いますが、半年くらいは余裕があります。
この間に3rdのイン側もトゥモローランドからファンラジーランドに変えてしまえるかも…

クリスマスには直接関係ないところが気になりますが、クリスマス・ストーリーズもパーフェクト・クリスマスも好きなので楽しみ。
プロジェクションマッピングもクリスマスソング豊富そうですでに100点出しそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディズニー・イースター2017詳細発表


「ディズニー・イースター」2017の詳細が発表されました。
今年は両パークとも4月4日(火)から6月14日(水)までの72日間。
ちなみに今年のイースター当日は4月16日です。

東京ディズニーランド

うさたま大脱走!

今年のランドは新規。
イースターの準備に大忙しのある日、イースターエッグをつくっていると、“うさたま”が大発生し、パーク中に逃げ出します。パークのさまざまな場所に隠れている“うさたま”を探し出そうと、“うさたまチェイサー”に扮したミッキーたちが大騒ぎ。

シーン1:うさたま大脱走!イースターのハプニングのはじまり(プルート)
シーン2:ミッキー率いる“うさたまチェイサー”たちが大活躍(ミッキーマウス)
シーン3:うさたまがイースターガーデンでかくれんぼ(サンパー、ミス・バニー、ブレアラビット、イエローラビット、ホワイトラビット)、チップ、デール(カートで登場)
シーン4:うさたまを探して気球に乗るミニー(ミニーマウス)
シーン5:カフェでドナルドが大ピンチ!(ドナルドダック、クララ・クラック)
シーン6:デイジーダックたちとうさたまがおしゃれに夢中(デイジーダック、クラリス、クララ・ベル・カウ)
シーン7:うさたま探知機を使うグーフィーとマックス(グーフィー、マックス カートで登場)
シーン8:ジュディとニックがうさたまを確保!?(ジュディ・ホップス、ニック・ワイルド)

チデ、グマクが「カートに乗って登場」するので、フロートは7台です。
カートに乗って登場って何。

それぞれのユニットタイトルからミッキーマウス・クラブハウス感があふれ出ています。
「ミッキーたちがうさたま確保に挑み、ようやく捕まえて一件落着かと思いきや、再び逃げ出そうとする“うさたま”たちの姿が、まだまだ騒動が続くことを予感させます。」
だそうです。
デコレーションはスノーギースみたいな感じなのかな?


問題の「うさたま」ぬいぐるみバッジがこちら。
え・・・

毎年恒例のエッグハントはまさかの無料化。
今年は“うさたま”を探します。
景品はシール。

うさたまじゃないイースターエッグも登場。
『美女と野獣』『ファインディング・ドリー』『ジャングル・ブック』と、今年もなぜか最新のディズニー映画が取り入れられます。
ワンダーランドのオズワルドといい今年のズートピアといいイースターエッグといい、イースターはディズニー-OLCの関係がいつもと違う気がする。

東京ディズニーシー


ファッショナブル・イースター再演。

2016年が15周年オープニングでクリスタル・ウィッシュ・ジャーニーを公演していたので、2年ぶりの復活です。
内容は同じようで、フィナーレまで何が起こるかリリースに書いてあります。
1日3回公演。

グッズは可愛い。
(c)Disney

余談:イエローラビット

今年も1年間プーは登場しないことがほぼ確定しました。
ポップンライブかクリスマスストーリーズで追加とか無理…

プーからは今年も唯一ラビットだけが出演します。
ヒッピティ・ホッピティ・スプリングタイムではなぜかドナルドの甥っ子たちに授業をしていたラビット先生。
今年はイースターワンダーランド以来のうさぎ詰め合わせフロートで登場です。
そして5年ぶりに「イエローラビット」の表記が復活。
ブレアラビット、ホワイトラビットと「ラビット」が多すぎて混同されるためか、勝手に名付けられた「イエローラビット」。
そんな名前のキャラクターは存在しません。
パレードでは「100エーカーの森のラビット」と呼ばれていました。
毎年イースターの時期になるとラビット絡みで少し悲しい気持ちになります。
余談は以上です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ad


東京ディズニーシー 自然と人が築いた15年

(c)Disney

(c)Disney

東京ディズニーシーが15周年を迎えました。
9月4日は朝から開園15周年記念セレモニーを開催。
その模様はウレぴあでレポートしています。
【ディズニー速報】TDS15周年! ミッキーも登場のスペシャルな開園記念セレモニー開催!【写真39枚&スピーチ全文】 – ディズニー特集 – ウレぴあ総研
3ページ目4ページ目にはスピーチ全文の文字起こしもしていますのでよろしければ。

神々しいアニバーサリー

朝から祝祭ムード満点のパーク。
ミラコスタ通りにシャボン玉が舞う中、約65人のキャストがお手振り。
ディズニーシー・プラザのステージではミッキーたちがお出迎え。
開園直前、パワー・オブ・ミュージックCMのようにミッキーを中心に円陣組んでいたのが印象的でした。

ミラコスタを抜けるとエリアミュージックも特別版。
アンバサダー今枝さんのアナウンスで、15年間のイベントソング15曲が流れます。
セレモニー開始は9:05。
しかし、8:45頃から雨が…
いきなり大粒の雨で、ハーバーは一気に傘だらけに。
曲は皮肉にもサマーオアシススプラッシュ。
それでもレーダーを見る限りは雨が抜けそう、ランドは雨が降っていない、などと話していると、徐々に太陽が顔を出してきました。
今枝さんが最後の曲として15thテーマソングを紹介し、When Your Heart Makes A Wishが流れると、みるみる雨が上がっていきました。
その場にいた誰もが、15年前の開園セレモニーで晴れ間が差し込んだ“伝説”を思い出しました。

しかし短時間といえども降ったのは大粒の雨。
セレモニー5分前に止んだ状態では、普通なら上陸なしバージョンです(この時点で9:30からのクリスタル・ウィッシュ・ジャーニー雨バージョンは決定していました)。
そこに登場したのが、雑巾を持ったキャスト。
ステージを拭き、公演できるようにしてくれる光景はよく見るものです。
しかしこの日は人数が違いました。キャストの数はどんどんどんどん増えていき、気付けばプレスエリアを案内していた広報部員もみんなステージにいました。
ハーバーにいたキャスト、そして社員が総出で、セレモニーのためにステージを拭きます。
60人を超えるその光景に、ゲストからは思わず拍手が。
こうして5分遅れで無事セレモニーが始まりました。
そして、セレモニー後には雨予報を全く無視したような晴天がハーバーを照らしました。

自然によって生み出された伝説、そしてそれを支えてきた人々の力を感じました。
その場にいた誰もがこのパークを心から愛している、そんな空間に感動していました。

自然と人が築いたパーク

セレモニーのスピーチで何度も述べられていたこと、それは世界で唯一「海」をテーマにしたディズニーパークであること。
壮大な自然と共に暮らす人々による文明が東京ディズニーシーを作っています。
スピーチの中でも、ビル・アーネストによる

私たちと一緒に旅をし、東京ディズニーシーを皆さまに愛されるほかのどこにもない場所に作り上げてくださったたくさんのゲストの皆さまにお礼を申し上げます。

という言葉が印象的でした。

たとえアメリカンウォーターフロントがずっと1912年だったとしても、その1912年の中で毎年毎年歴史的が刻まれてきています。
それは、東京ディズニーシーとそこの住人、旅をしてきたゲストたちによる冒険とイマジネーションが築いた歴史です。

ディズニーパークは永遠に完成しないとは言いますが、東京ディズニーシーは15年前の時点で完璧なパークでした。
そこに手を加えることは逆に完成から遠ざかってしまうのではないかというほど美しい世界です。
しかし、ディズニーパークとしての魅力は、その完璧な世界の上で新しい冒険とイマジネーションによる歴史が築かれていくことです。
ゲストがパークで過ごした思い出、パークがゲストと過ごした思い出、それぞれが15年間蓄積された結晶が「ウィッシュ・クリスタル」であり、みんなを次の15年へと導いてくれます。

この美しい場所の歴史を一緒に体験できることの幸せさが伝わる15周年当日でした。
これからどんな冒険とイマジネーションの海ができていくのか、とても楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンガーステージ「アウト・オブ・シャドウランド」2016年7月9日スタート

091513
(c)Disney

ハンガーステージの新ショーのタイトル、スタート日が発表されました。
ミスティックリズムの後継となる新ショーは「アウト・オブ・シャドウランド」。
書き下ろしの完全オリジナルストーリーです。

内気な少女メイは邪悪なカゲドリに支配されている影の世界、シャドウランドに迷い込みます。
そこで出会った青年ユウに導かれ、メイは自分でも知らなかった不思議な力でシャドウランドに光といのちを甦らせてゆきます。
そして、不安や恐怖と戦いながらカゲドリを倒したメイは、ユウとシャドウランドが自信にあふれた新しい自分を教えてくれたことに気付くのです。

劇団四季やサンリオピューロランドっぽいストーリー。
イラストには13人の出演者が見えます。
キング・トリトンのような映像でないことを願えば、なかなか多めの出演者。
これにプロジェクションマッピングも加わります。
昨年のリリースにあったイメージとあまり変わっていませんし、ハンガーステージの新ショーとして方向性はぶれずに製作が行われていそうです。

株式会社ブリヂストンは引き続きスポンサー。
ランドはグランドサーキットレースウェイなくなった後どこにつくんだろう…

光と影をテーマにした、定番といえば定番のストーリー。
ハンガーステージを舞台に、どのようなアクロバティックさと演出でこのストーリーを味わせてくれるのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加