*

 - pooh  - by poohya

Goodbye Christopher Robin本予告編公開。WW1の影響を強く意識した内容に

フォックス・サーチライト・ピクチャーズ製作、史実を基にしたミルン親子の伝記映画「Goodbye Christopher Robin」の本予告編が公開されました。

2分半もの予告編はクリストファーとナニーがお祈りをしているシーンから始まります。
セリフからしても、明らかに「おやすみのおいのり」(Vespers)を表したシーン。
「クマのプーさん」より前に出版された、「プーもの」1作目と言われる詩集「クリストファー・ロビンのうた」(When We Were Very Young)の中でも最も有名な詩です。
クリストファー・ロビンの行動として一番イメージされるものといえます。

その後は、第一次世界大戦の影響がかなり強調されています。
戦争の辛い気持ちが世間に蔓延する中、童心が作り出した100エーカーの森がミルンと人々の心を癒すといった展開になるようです。
以前公開された予告編では、原作やアッシュダウン・フォレストの雰囲気を再現することに重きが置かれていましたが、史実とされる部分よりも映画としてのストーリーを重視した内容になっています。

後半では、プー出版後の様子も描かれました。
想像を遥かに上回る人気っぷりで困惑してくる様子が見えます。

実際にA.A.ミルンは平和主義者でしたが、平和のための戦争という当時の主論には同調。第一次世界大戦で通信兵として従軍し、後に忘れたいと語るほど辛い経験となりました。
それが原因で劇や児童文学に方向転換し、プーが誕生しました。
プーは大ヒットとなりミルン親子の関係も良かったものの、徐々にプーの人気が呪縛となり苦しめられていきます。
そして再び平和のための戦争という名目で行われた第二次世界大戦と通じて親子の仲は決定的に崩れ、一生絶縁状態となります。
予告編では第一次世界大戦後の心情が強調されていますが、後半のプー大ヒット後についてはよく読み取れません。
どこまでフィクションが加わり、クリストファーが何歳くらいまで描かれるのでしょうか。

イギリスで2017年9/29、アメリカで10/13公開予定。日本では未定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加