*

【ネタバレ】ハピネス・イズ・ヒア感想

スニーク観てきました。
パレードを観た前提で話します。
例によって続きから書きます。

まさにおもちゃ箱をひっくり返したような、ディズニーの世界溢れるパレード。
大好きなパレードです。

USパークのパレードから要素を持ってきて、日本流にアレンジした印象。
曲もアンダーライナーが繋がっていて統一感がありました。
その中にケイシージュニアやプリンセスメドレー、Mine! Mine!などが入って美しい流れになっていました。
これまでのお昼のパレードというよりもエレクトリカルパレードに近い詰め込み感を覚えます。

出演キャラクターも、ディズニー映画を知っていれば知っているほど楽しめる内容。
小人の肩車やおしゃれキャット3匹、みにくいアヒルの子、トランプ兵に王様など意外なキャラクターも出演。
逆に言うと一般ゲストに伝わるのかなという部分もちらほら見受けられました。

フロートは大型でユニットを組んでいたジュビレーションとは異なり、中型+木馬フロートなど自走式という形式。
凝ったフロートも多くて楽しめました。

最終ユニットは夢と魔法の王国のパレード感があってとても良かったです。
ジュビレーションが夢にあふれた世界からやってきたパレードという印象なのに対して、ハピネスは王国のパレード。

ここからユニットを順番に見ていきましょう。
まずは「音楽」ユニット。
短編要素が詰まっていることには驚かされました。
三匹のこぶたが引っ張るブリキミッキーのようなおもちゃは欲しいです。
ディズニー・オン・パレードのようなディズニー初期の様子ですね。

続いて「友情」ユニット。
Mine! Mine!フロート、これにはやられました。
ニモとドリーのマペットも大好きです。
トイ・ストーリーはスリンキーが可愛くて満足。
非常に凝っているフロートです。

「願い」ユニットはアラジン。
まさかアブーの象とは。
ここと次のプリンセスユニットの曲はアナハイムのサウンドセーショナルパレードを思い出させます。

「美しさ」ユニット先頭はマキシマスに乗ったラプンツェル。
パスカルが乗っていて可愛いです。
続いてみにくいアヒルの子と、白鳥に乗ったプリンセスたち。
後ろにはティンカーベルが乗っています。
フロートのあとに来るてんとう虫車は久々にパークで乗り回したい車部門にエントリーしました。

「不思議」ユニットはアリス。
まさかハートの女王勢があそこまで来るとは。

「夢」のプーユニットは書くことが多すぎるため別記事にします。

そして最後の「ディズニーの仲間たちが叶えてくれる夢」
メリーポピンズとBIGキャラ。
先述しましたが、まさに夢と魔法の王国を率いてきたパレード。
ワールドバザールのようでもあり、ファンタジーランドのようでもある、良い構成です。
プーユニットから最終ユニットにかけて目が忙しすぎます。

こうしてユニット毎に見ていくと、個々はすごく良いフロートなのですが、ユニット毎のテーマ性は非常に希薄、全てのつながりも薄いように思います。
一貫したテーマのあったジュビレーション!の後継としてはかなり路線変更したかなという印象。
夜のパレードの方が収まりが良いようにも思いました。

しかし僕としてはこれが今後5年ほど続くと思うととても嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加